歯周病 予防・治療 > 歯周病の基礎 > 全身の病気も引き起こす歯周病菌

全身の病気も引き起こす歯周病菌

歯周炎の菌の多くは、酸素を嫌う嫌気性菌

口の中にいる細菌のうち、同じ悪玉菌でも、虫歯の原因菌と歯周病の原因菌は異なります。さらに、歯周病のうち、歯肉炎と歯周炎でも原因となる菌は違います。

虫歯の原因になるのは、連鎖球菌、乳酸桿菌、放線菌などで、歯肉炎の原因菌は、アクチノマイセス・ビスコーサスなど歯肉縁上にたまったプラークに増殖している細菌たちです。歯肉縁上というのは、歯肉と歯が接している、目に
見える部分のことをいいます。

虫歯の菌も歯肉炎の菌も、その多くが好気性菌といって酸素を好む菌です。口の中の菌のうち、歯の表面など目に見えるところにいる菌の多くは好気性菌です。

一方、歯周炎の原因菌は、主に酸素を嫌う嫌気性菌です。歯周炎を起こす細菌は、歯周ポケット(内の直接酸素に触れない歯肉縁下のプラークに増殖しています。歯肉縁ドというのは、歯肉と歯が接した部分より下の歯の部分で、空気に
触れにくい場所です。嫌気性菌は酸素を嫌う菌ですから、歯周ポケットの内側とか、舌の裏側など、口の中でも空気が届きにくいところにたくさんいる菌なのです。

歯周病菌が持つ細胞内毒素

虫歯の菌に多い好気性菌は、別名グラム陽性菌と呼びます。歯周病の菌に多い嫌気性菌のほうはグラム陰性菌といいます。これは、顕微鏡下で菌を判別するために使うグラム染色という染色方法により分けた呼び方です。顕微鏡をの
ぞいても、菌は無色透明ですから判別がむずかしい。そこで、それぞれの菌の、染色したときの反応の違いを利用し区別するわけです。好気性菌=グラム陽性菌、嫌気性菌=グラム陰性菌と理解しておいてください。

さて、グラム陽性菌とグラム陰性薗との一番大きな違いは、細胞内毒素を持っているかどうかです。細胞内毒素というのは細菌が自ら細胞内に持っている毒素のことで、グラム陽性菌は持っていませんが、グラム陰性哺は持っています。

歯周炎の菌の多くはグラム陰性菌、つまり細胞内毒素を持っている菌です。グラム陰性菌はエンドトキシンという細胞内毒素を持っており、この毒素が曲肉やその周囲組織を傷つけるわけです。

全身の病気も引き起こすグラム陰性菌

また、最近は、グラム陰性菌が全身の病気と関係していることがつぎつぎとわかってきています。曲肉の毛細血管から入り込んだグラム陰性菌が全身にまわり、菌の持つ内毒素などがさまざまな病気を引き起こしていくのです。

動脈硬化は、動脈の壁にコレステロールなどが付いて血管が狭くなった状態です。グラム陰性菌が歯周組織から血液に入ると、菌の持つ内毒素は全身の臓器を刺激し、細胞へのダメージを与えます。また、歯周菌自体も血管壁に付着し、
動脈硬化の原因になるとみられています。そのほか、グラム陰性菌が心臓の内膜で炎症を起こす心内膜炎や、食べ物や飲み物が誤って気道に入ったとき、口の中の菌も一緒に肺に入り込み発症する誤嚥性肺炎もそうです。また、妊娠中
に歯周病にかかり長期間放置していると、早産になったり、低出生体重児になりやすいなど、歯周病菌と全身の病気との関係がたくさん指摘されています。






P R