歯周病 予防・治療 > 歯周病の基礎 > 細菌・免疫力・かみ合わせが歯周病の原因

細菌・免疫力・かみ合わせが歯周病の原因

自ら持つ内毒素で、歯肉や歯槽骨を攻撃する歯周病菌

歯周病とは、歯肉炎と歯周炎のふたつを合わせた呼び名です。どのような病気なのかは第2章で詳しく説明しますので、ここでは簡単に、歯肉にだけ炎症が起きたものを歯肉炎、曲を支えている歯槽骨にまで炎症が広がった状態を歯周炎と呼ぶと理解しておいてください。なお、歯槽膿湘とは重度の歯周炎のことです。

さて、歯肉炎にしろ歯周炎にしろ、炎症が起きているのですから、その原因となる細菌がいます。しかし、歯肉炎と歯周炎では、原因となる細菌はそれぞれ違いますし、虫歯の原因菌も、曲肉炎菌や歯周炎菌とは異なります。

歯肉炎や虫歯の菌と違い歯周炎の菌がやっかいなのは、菌自体が細胞内毒素を持っていることです。菌の細胞
内にあるこの内毒素が、歯肉の周囲組織を攻撃し傷つけ、その結果曲槽骨を破壊するのです。

体の抵抗力が強いか弱いかで、発症に影響

歯周病は、原因となる菌が口の中にいても、必ず発症するとは限らないという不思議な病気です。発症するには、免疫力(=病気への抵抗力)というもうひとつの要素が関係しているのです。

歯周病菌が増殖しだすと、細菌から体を守ろうとする防御機能が働きだしますが、このとき、細菌とたたかう力、つまり抵抗力が強いか弱いかで、病気が発症するかどうかが大きく左右されるのです。

体の免疫力が強い場合は、歯周病菌が少しぐらい増殖しても、発症につながりません。しかし、免疫力が弱いと、わずかな菌があっても、発症してしまうことがあるのです。

風邪をひいて体調が落ちたときなど、歯茎がはれたり膿が出たり、歯茎から出血したというような経験はありませんか。これは、風邪をひいて免疫力が低下したため、歯茎がはれるなどの歯周病の症状があらわれたわけです。

不遇切な治療でかみ合わせが悪くなり、歯周病を発症

かみ合わせの悪さも、歯周病の原因のひとつです。なかでも気をつけたいのが、外傷性合です。

外傷性咬合は、虫歯があるのに治療しないでいたり、歯が抜けたまま放置していて起きるものですが、実は不適切な治療によって引き起こされる場介もあるのです。歯の治療でブリッジやかぶせ物をしても、かみ合わせがきちんとしていないと、それが原因で歯周病になってしまうというわけです。

このように、歯周病の場合は、細菌・免疫力。かみ合わせの3つの原因が複雑に絡み合って発症にいたります。次に、この3つについてさらに詳しく説明していきましょう。

顎関節症

「大きく口を開けるとあごが痛い」、「口を開けたときに、あごがカクンカクン、ゴツゴツと音がする」などがみられ↑こら、顎関節症の疑いが濃厚です。顎関節は、ちょうど耳の前にあり、下顎骨と側頭骨をつなぐ関節になります。主な原因には、かみ合わせの悪さがあげられますが、ストレスや運動不足、姿勢の悪さなども影響しているようです。顎関節症をそのままにしておくと、かみ合わせの悪さから歯周病も発症しゃすくなるうえ、肩こりゃ腰痛などの全身症状も進みます。症状がみられたら、一度歯科でチェックしてもらいましよう。






P R