自動車保険概要

自動車保険の基本的な保険は自賠責保険です。
これは必ず車の持ち主には義務付けられている保険で期限が切れてしまうと1年以下の懲役または50万円以下の罰金が義務づけられています。また保険証明書を携帯していなければ罰金30万円と法律でも決められておりとても大変なことになってしまいます。
この保険を強制保険と呼び自賠責に加入していなければ車検を通すことが不可能です。


一般道も走ることは不可能になります。くれぐれも車検切れにならないよう、注意をしておく必要があります。交通事故での被害者の救済を目的としたものが自賠責保険です。
あくまでも被害者とありますので補償されるのは人間だけになります。建物や相手の車や自分の車や電車やバスガードレール・電柱などにぶつかった衝撃で壊してしまっても、それに対する保険金は一切でません。



全て自己負担になってしまいます。このようなことを推測して自賠責保険と任意の自動車保険の加入が一般的な主流になっています。自動車任意保険は加入はちゃんとされているのが車を持っている方は当たり前です。しかし保険に加入しその中でいくつか出てくる専門用語がありこれについては難しいからとわからないままにしてしまう人も多いようです。自動車保険の知識を身につけておくことは保険に加入したときに何のために自分がどんな保険に加入しているかなども理解することができます。そして必要。不要なものが理解でき割安になることも考えられますので基本的な知識を身につけておくことが大切です。